視力回復法は、手術をしないで自宅で誰でも簡単にできる視力回復の方法です。

視力回復法

視力回復法

手術をしないで自宅でできる視力回復法

一度悪くなった視力は、回復できないと諦めていませんか?
1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0まで回復した、現役医師、
本部千博が提唱する、「手術をしないで自宅で誰でも簡単にできる視力回復法」の秘密を初公開。



視力回復法





視力回復

驚異の視力回復法

遺伝だから目が悪いのは仕方がない・・・。
視力は一生治らない・・・。

このように悩んではいませんか?

視力は「回復」できます!「治せる」のです!

手術しないで自宅でできる、現役眼科医師が開発した視力回復法。
近視、老眼などによる視力低下を予防し、視力回復を成功させる為の、
驚異の視力回復法です。

実は、「ある方法」さえ実践すれば、簡単に視力は回復するのです。





正しい視力回復法

「どうして視力は低下するのか?」
「どうすれば視力が回復するのか?」

こういった基本的なアプローチから導きだした結論により、レーシックなどの手術をせずに、わずか3日で視力を1.0にまで回復させることに成功したのです。

そのためにしていただくことは、まず、視力低下の原因を知ることから始まり、
次に、ある方法をある手順で実践する。

たったこれだけで、自宅で簡単に視力が回復するのです。

今、視力で悩んでいるあなたに必要なのは、メガネでも、コンタクトでも、
レーシックなどの手術でもなく、裸眼で見えるようになる事ができる、
「正しい視力回復法」ではないですか?


詳細はこちらから



Separated


視力回復法

目の筋肉と脳

「目の筋肉を鍛えると視力は回復していく」ということが研究でわかってきました。

目の筋肉も体の筋肉と同じように、使わなければ衰えていき、目の筋肉が衰えると、ますます視力は低下することになるのです。

つまり、視力を回復するのには目の筋肉を鍛えることが必要なのです。

また、「目と脳の関係」も注目していただきたい点で、視力を回復させるには、
目からの情報を認識する脳の働きをよくすることも重要です。

視力と脳の働きは密接な関係にあり、脳の働きを改善すれば、視力も回復できるのです。



老眼、白内障、緑内障の予防

自然治癒を提唱する、ホリスティック(全体からながめる)療法によるこのマニュアルの視力回復法は、近視だけではなく、乱視、老眼や、眼球周辺の血流を改善して、水晶体を濁らせる原因となる汚れを溜め込むこともなくなりますので、白内障、緑内障の進行も防ぎます。

眼精疲労、充血、肩こりなど、目からくるトラブルも解消し、他にも、自律神経の働きを正常に導いたり、目だけでなく、体全体の疲労感の解消を促すといった効果もあります。





視力回復法

Q&A

簡単にできると書いてありますが、本当に私にもできるでしょうか?
大丈夫です。簡単に誰でもできることを目的にこのマニュアルを作りました。
購入後、あなたがやることは簡単です。
マニュアルを読み込む。
マニュアルに従って、ある方法を....

こんな簡単な方法なんです・・



Separated


視力回復法

手術をしないで自宅でできる視力回復法

視力は一生治らない」と悩んでいませんか?
実は、視力は「ある方法」さえ実践すれば、簡単に回復できるのです。
手術を受けなくても裸眼生活を取り戻せる方法が・・・・・


裸眼視力が ≪0.4≫ しかなかった男性が、わずか20日間で、≪1.0≫ にまで回復!
もちろん、メガネやコンタクトの矯正視力ではありませんし、レーシック手術を受けたわけでもありません。



本部千博の視力回復法

眼科医師の本部先生は、「ほんべ眼科クリニック」を開業している現役の眼科医師で、年間におよそ2万人の患者さんを診察されています。


クリニックに訪れる患者さんのほとんどが、
「もう、歳だから…」
「遺伝だから仕方がない」
「これ以上悪くなればレーシック手術で…」
などの、視力の悩みをお持ちです。


でも、本当にそうでしょうか?
本部先生は長年、こういう診断に疑問を持たれていました。
健康な目とは、本来は「裸眼で普通に暮らせる状態」のことです。

もしかすると、あなたもこんな考え方を持っていませんか?
メガネやコンタクトを装用すれば問題ない

目の悪い人の多くは、メガネやコンタクトを装用して視力を補正しますよね。
「だって、見えないんだからそうするしかないでしょう?」


多くの眼科医も、メガネを掛けて視力が1.0以上あれば問題のない健康な目であるように言います。

でも……

「メガネやコンタクトを装用し続けた結果、ますます視力低下が進行してしまう」
可能性が高いとしたらどうでしょう?


「え?そんなことがあるの?」
はい。
あります。
メガネやコンタクトは確かに便利ですが、結果的に、あなたの目を甘やかしてしまうのです。


見えないことが当り前、メガネやコンタクトが当り前、……という状態になると、
あなたの目は自分で運動することをやめ、「視力を回復しよう」という力を奪ってしまうのです。


そればかりか、その「見え過ぎる」状態がさらに視力低下の進行を進めることにもなります。


「最近、メガネの度が進んで……」


これを繰り返しているうちに、あなたの目はどんどん力を失い、見えなくなってしまうのです。

これ以上悪くなればレーシック手術を受ければいい最近流行の「レーシック手術」


「友だちがレーシックを受けて……

私も受けようかな……?」


でも、ちょっと待って下さい。
レーシック手術は万全ではありません。


「でも……安全な手術って聞いたけど?」
それは大きな勘違いです。


どんな手術でも、外科手術に100%の安全はありません。ましてや、デリケートな角膜を削るのです。
リスクは当然ですよね。


失敗したときに取り返しのつくものでもありません。
「え?失敗することってあるの?」
レーシック手術を受けたからといって、誰でも目標視力を達成できるとは保証されていません。
中には、手術前の矯正視力の方が良かったという場合もあります。


成功するか失敗するか、結果はやってみないと分からない……というのが本当のところです。

あなたは、そんなリスクを冒しても多大なお金を支払って、レーシック手術を受けたいですか?


もしも、手術を受けなくても裸眼生活を取り戻せる方法があったとしたら……?
お金を掛けなくても、....


本部千博の視力回復法 ・・ 詳細はこちらから


  視力回復法







A C - C C F
RSS

詳細はこちら